MENU

古い振り袖の買取相場価格 売るタイミングで価格差に変動あり

着物の買取業者では、古い振り袖の買取も行っています。では、古い振り袖の買取相場価格は、どのくらいになるのでしょうか。

 

「古い振り袖」と言っても、どのくらいの古さなのかによって、買取価格が大分違ってきます。

 

例えば、買ってから1〜2年以内程度の古さで、状態の良いものであれば、1万円台くらいで買い取ってもらうことができます。

 

もし買ってから1年以内という新品同然の振り袖で、シミも生地の傷みもないという場合は、もう少し高い値段がつくこともあります。

 

更に、一流ブランド・作家のもの、流行のブランドや絵柄のもの、伝統工芸品などの場合は、3〜5万円台の値段がつく場合もあります。ただこの場合は、その品質を証明できる証明書などの書類を、一緒に添付して売る必要があります。

 

一方、買ってから3〜5年以上経過した振り袖については、残念ながら価値が落ちてしまうようです。

 

これは、伝統工芸品やブランド物・作家物であっても、価値が落ちてしまうと言われています。年数が経つほどに、生地が劣化したり、シミが出たり、カビが出てしまうからです。

 

そのため、買ってから、ある程度の年数が経った振り袖に関しては、2,000〜4,000円くらいになってしまうことがほとんどです。

 

更に、10年以上経過してしまった振り袖は、買い取ってもらえない場合もあるので、気をつけてくださいね。

 

振り袖とは

では最後に、振り袖とはどんな着物なのかをお話していきます。

 

振り袖は、未婚女性のみが着ることのできる礼装の着物です。なので、結婚式や成人式、卒業式など、仏事以外の式典に着て行くことができます。

 

既婚女性の礼装は留袖になるので、結婚後は振り袖を着ることはできません。

 

振り袖は、80cm前後〜1m以上ある長い袖が特徴の着物です。着物全体に、豪華絢爛な吉祥模様が描かれているのも、特徴の1つです。

 

なので、お祝いの席などにはピッタリの着物と言えますね。そのような席に呼ばれた場合は、未婚の女性は、ぜひどんどん振り袖を着て行ってください。

 

帯は、フォーマル用の袋帯を、「ふくら雀」など華やかな結び方にします。そのため、後ろ姿も豪華で美しいというのが、振り袖の大きな魅力です。

関連ページ

大島紬の買取相場は?
大島紬の買取相場はいくらほどになるのでしょうか?詳細はコチラです。
訪問着って売れるの?買取相場は
訪問着って売れるのでしょうか?その際の買取相場は・・・結論から言うと訪問着は着物の中でも、買取額が高くなる傾向があると言われています。その理由はこちらです。
七五三やお宮参りの子供の着物買取は可能?
七五三やお宮参りに使用した子供着物って買取は可能なのでしょうか?誰かに譲ってあげるのも良いですが、譲る人がいなければ、捨てて処分・・・と言うのも思い出が詰まりすぎてい気が引けてしまいますよね。そこでおすすめなのが買取業者にて処分するという方法です。
帯だけでも買取可能?買取相場は?
着物買取はセットじゃないと売れないと思っていませんか!?実は1品の小物グッズでも買取が可能なんです。まして、帯ならお品によっては高額買取も可能です。
反物の買取価格相場は?
着物買取業者では、着物や帯だけでなく、反物の買取も行っています。ここでは、反物の買取価格相場やまた、高額査定が可能な反物の種類についても検証していますのでご覧ください。