着物の素材で買取価格も変動する!?

古い着物を売りに出す場合、着物の格が高ければ高いほど、買取価格も高くなる傾向があります。でも、それだけではなく、着物の素材によって買取価格の相場が変わります。

 

例えば、高級品と呼ばれる素材を使った着物の場合は、買取価格が高くなります。更に、「買ってから1年以内で、新品同然」という場合は、10万円近くの価格が付くケースもあります。

 

そのため、普段着のカテゴリーに入る着物でも、価値ある素材である場合は、買取価格が上がります。

 

例えば、伝統工芸品である麻の着物などは、普段着ではありますが、かなり価値のある素材です。そのため、他の普段着着物に比べて、買取価格も高くなることが多いようです。

 

逆に、希少価値のない素材だったりする場合、残念ながら、買取価格も安くなってしまう傾向があります。そのため、着物を売りに出す場合は、着物の素材も無視できない要素なのですね。

 

では、どのような素材の着物なら、買取価格が高くなるのでしょうか。ここでは、着物の素材別に、その主な特徴と買取相場について詳しくお話していきます。

着物の素材別買取相場記事一覧

普段着着物の中でも価値が高いと言われている、麻の着物の特徴についてお話します。麻の着物の魅力は、何と言っても、その風通しの良さです。真夏に来ても、熱がこもってしまうことがないので、気分良く着ていられる着物です。そのため、麻は、浴衣や夏用の着物などに多く使われます。また、正絹や化繊・木綿の着物に比べて、少し固めの質感であることも特徴です。そのため、着た時に、ちょっとゴワゴワした感じになります。ただそ...

格の高い着物や高級品と呼ばれる着物は、ほぼ例外なく「正絹の着物」です。正絹とは、一切混ぜ物がない、純度の高い絹のことを言います。その純度の高さゆえに、正絹の着物は高級品の扱いを受けているのですね。正絹の着物は、その光沢となめらかさが最大の魅力です。見た目にも高級感があるため、どんな場所に着て行っても失礼になることがありません。そして、あらゆる女性を美しく見せてくれる質感を持つのが、正絹の着物なので...

木綿の着物は、日本の生活の中で古くから愛され続けてきた着物のひとつつです。よく、時代劇で、長屋や農村部のお母さんが来ている普段着着物がありますが、これらは正に木綿の着物です。柔らかく動きやすい素材なので、作業をするのにとても適している着物なのですね。最近では、木綿の着物は、若い女性向けの普段着着物として再注目されるようになりました。そのため、かわいいデザインも増え、ワンピース感覚で買っているという...

化繊の着物は、ポリエステルなどの素材でできた着物です。価格も1万円前後とリーズナブルなので、若い女性でも手を出しやすい価格です。また、自宅の洗濯機で丸洗いできるので、高額な着物専門クリーニングに出す必要がありません。このようなお手軽さがあるので、化繊の着物は、若い女性や着物初心者の女性に大人気です。最近は、化繊の着物でも、オシャレな色・柄の着物が増えてきました。なので、何枚かまとめて買って、洋服感...

和装小物とは、着物の着付けをするときに使う小物類のことです。例えば、着付け用の腰ひもや伊達締め・帯揚げ・帯締め・帯枕・コーリンベルトなどがそれに当たります。更に、着物には欠かせない「着物用ハンガー」も、和装小物の1つとみなされているようですね。着物着付けに使うこれらのアイテムは、どれも着物に欠かせないアイテムです。どれかひとつ欠けても、着物の着付けに不都合が生じてしまいます。そのため、着物を着たい...