MENU

着物を買取専門店で売るときのポイント

着物を買取専門店で高く売るときのコツを紹介していきます。
損をせず1円でも高く売れれば嬉しいですよね。

 

高値で買い取ってもらうためのポイントを見ていきましょう。

 

きれいに包んで持って行く

まず、これを怠っている人が意外と多いようです。

 

着物を買取専門店に持って行くという場合、紙袋に着物をそのまま入れて持っていくということは絶対にしない方がいいです。

 

買取専門店に着物を持って行く場合は、着物のシワをまずはしっかりと伸ばし着物は畳んでいきます。

 

そしてたとう紙があれば、畳んだ着物をたとう紙に包んで買取専門店へ持っていくようにして下さい。

 

買取価格を決める方も人間であるため、粗末な扱いをされた着物よりも大切に扱っている着物を高く買取たいと思うもの。

 

まったく同じ商品であっても、ぐちゃぐちゃな状態で持ってこられた着物と、きちんと畳みたとう紙に包まれた着物と両方の買取価格を比べて見ると、後者のきちんと畳みたとう紙に包まれた着物の方が高く買取ってもらうことができると言われています。

 

着物ととともに小物も買取ってもらう場合も同様に、小物も1つずつしっかり袋に入れるなどして持っていくことをおすすめします。

 

買取ってもらうから、ま、いいよね、ではなく最後まで丁寧に着物を扱うということ、それが買取専門店で高く売るためのコツとなります。

 

証書があれば証書を必ず持って行く

有名な作家さんに作られた着物、高級な着物を買取ってもらおうと思っている方は必ず証書を付けてから買取業者へ持っていくようにして下さいね。

 

「証書がなくても高級な着物って分かるでしょ」とつい思ってしまいがちですが、買取業界では通用しないようです。

 

と言うのも、世の中には偽物が多く出回っているからなんです。特に着物類はパチモノが多いです。

 

せかっくの良い着物でも証書がなかったため、安い値段でしか買取ってもらえなかったというケースは少なくありません。

 

証書が元々ついていた着物を買取ってもらうのであれば、まずは証書を探してみて下さいね。

 

着物を購入するときには、必ず自分の分かるところに証書を取っておくことをおすすめします。絶対に捨てないようにしましょう。