知っておくと便利!着物雑学コラム記事一覧

女性の着物は、大きく分けると、「フォーマル用の着物」「普段着用の着物」の2種類があります。この2種類が、更に細かく分かれていきます。フォーマル用の着物「礼装」「準礼装」「略礼装」と呼ばれるものがあります。そして、帯は、フォーマル用の袋帯を締めることが決まりです。礼装未婚女性・既婚女性で着る着物が変わります。未婚女性の礼装着物は、成人式などでお馴染みの「振袖」です。一方、既婚女性の礼装着物は、結婚式...

女性用の着物それぞれの用途と格について、ひとつつずつお話していきたいと思います。礼装の振袖・留袖は、着物の中でも一番格が高い着物振袖は、未婚女性の礼装になるので、未婚女性がフォーマルの場に出席する際は、ぜひどんどん着て行ってください。振袖と言うと、「成人式に着る着物」というイメージが強いかもしれませんね。でも、その他にも、結婚式に招待された時、格式の高いパーティーなど、葬儀・法事以外のフォーマルな...

男性着物は、女性の着物に比べて、種類が少ないことが特徴です。男性の礼装着物「黒紋付羽織袴(くろもんつきはおりはかま)」「色紋付羽織袴(いろもんつきはおりはかま)」の2種類です。男性の場合、正式な場所に着物で出席するためには、羽織を着用し、袴をはかなけれなばらないのですね。更に、羽織には、自分の家の紋を必ず入れることになっています。男性の準礼装着物は、「色紋付羽織袴」紋付羽織袴が男性の準礼装になりま...

ここでは、男性着物の種類と、その格について見ていきます。女性の着物についてはコチラで記載中 → 女性着物の種類と用途と格男性着物の中で最も格が高いのは、礼装の着物礼装の着物には、「黒紋付羽織袴」「色紋付羽織袴」があります。この2つは同じ礼装ですが、1番格が高いのが、黒紋付羽織袴です。色紋付羽織袴は、黒のものよりも少し格が下がります。女性の着物でも、「黒留袖」と「色留袖」では、黒留袖の方が格が高いで...

最近は若い世代の人でも着物を楽しんでみたいという方が増えています。茶道や華道、日舞などのお稽古事で着物を着る機会が多い人はもちろん、昨今ではコスプレイヤーの人など、できれば安く、おしゃれな着物を手に入れたいという方も多いでしょう。さらに、着物の良さを活かして他のものにリサイクルしたいという人もいらっしゃいます。できるだけ自分の欲しい着物や、イメージに近いものを探すなら、たくさんの着物を見ることがで...

昔から結婚するときには「嫁入り道具」としてタンスや家財道具と一緒に、着物を嫁ぎ先に持参する風習が日本にはありますが、最近は家財道具に関しては住宅事情もあり婚礼ダンスを購入するのは少なくなってきているようです。しかし、嫁入り着物に関しては揃えるのが一般的だとも思います。嫁入り道具の着物は主に「訪問着」「黒留袖」「喪服」となります。しかし、今は着物を着る機会が減り、年数が経つに連れて保存するのも場所を...

祖父母がなくなったりして、形見分けで着物を譲り受けることも多いでしょう。特に明治や昭和の初めは着物で生活することが一般的であったことから、着物をたくさん所有されていた方も多いと思います。せっかく譲り受けた着物だけど、なかなか着る機会がない、柄が古い、汚れがあるなど、ライフスタイルや自分の好みと異なると袖を通す機会がないこともありますよね。着物は、保管するのにも場所を取ることが多く、処分したいけれど...

毎年、成人式や七五三などのシーズンには新しい新作着物が入荷してきますよね。特に貸衣装では、そうした新作着物の需要は高まる一方で、流行から外れた柄や古くなった着物はその対象になることもあります。昨今、着物の良さが見直されてきつつあります。着物として着るのはもちろん、リメイクして形を変えて洋装の生地となったり小物になったり、また古い柄はアンティーク着物として重宝されることもあります。そして貸衣装の場合...